参加チケット購入 お見合いパーティーならparty★party

■学生や学校職員がお得に使える設計ソフト「AutoCAD」

一般的に普及している製図・設計ソフト「AutoCAD」。

「AutoCAD」の無償版(試用)を使ってみました。




「AutoCAD」の費用



<使える店舗>

私がメーカー企業の商品開発で使用していた「AutoCAD」という設計ツールソフトです。

個人用に気軽に使用できる環境はないのでしょうか。

まずは、都内で設計図を書くために製図・設計ソフト「AutoCAD」を簡単に使える店舗などがないかと調べてみました。

都内の漫画喫茶やコワーキングスペースなどを探してみましたが・・・

「AutoCAD」が入ったPCを気軽に使えるところはありませんでした。

 


<導入費用>

自分のPCにAutoCADをインストールして使用する費用について調べてみました。

AutoCADは、公式ホームページで「ライセンス」の販売・インストールをすることができます。

「ライセンス」とは、ソフトを使うカギ(使用に必要)のようなものです。

 

2016年7月以前は永久ライセンス(購入するとずっと使い続けることができる)が販売されていましたが、現在は期間限定ライセンス(使用期限付き)のみが販売されています。

価格は、ご覧の通りです。

(2019年7月現在)

 

無償版(試用期間)という選択



<無償版>

個人的な試作のために、図面を書くために1カ月、8千円弱かけるのは正直厳しいです。

と考えていたら、偶然に試用として使える”無償版”を発見しました。

無償版といえども、試用期間が限定されているだけで機能は有償版と同じです。

※学生と教員向けは無償版の試用期間が長くお得です。

●一般利用:試用期間は30日

●学生及び教職員:試用期間は3年間

 

公式ホームページによる「学生及び教員」の定義は・・・

●教職員:認定教育機関の従業員、または同機関との間で独立の請負契約を締結する個人。

●認定教育機関:都道府県の自治体または政府に属する権限ある行政機関によって認可された教育機関のうち、学生の教育を主たる目的とする機関。

●学生:13 歳以上の個人で、認定教育機関に学生として所属する者。

参考:「教育機関向け製品」(AUTODESK)

学校職員に転職したいです。。

 


<ツールの使い方>

AutoCADを使ったことがない方に向けて公式チャンネルがあります。

最低限の基本的な操作方法を学ぶことができます。

例:「はじめての AutoCAD LT ハンズオン Web セミナー 」(全6回)

party★party