参加チケット購入 お見合いパーティーならparty★party

■個人でも簡単に「商標」を出願できるのでやってみた

商標について個人で簡単に出願・登録できることを知ったので実践してみました。




「商標」とは



<商標について>

そもそも商標とは何でしょうか。

商標
事業者が、自己(自社)の取り扱う商品・サービスを他人(他社)のものと区別するために使用するマーク(識別標識)です。(特許庁から抜粋)

 

では商標を特許庁に登録するメリットは 何でしょうか。

商標に「信頼がおける」「安心して買える」といったブランドイメージになることです。

例えば、消費者は、商品を購入したりサービスを利用する際に企業のマークや商品・サービスのネーミングである「商標」を一つの目印として選ぶことがありますよね。

商標は、商品やサービスの顔として重要な役割を担っています。

 

「商標権」とは・・・

商標権
商品やサービスに付ける商標を財産として守ることです。

また、商標権は有効期限(10年)があります。

一方で、特許と違って有効期限を更新することができます。

 


<商標権の種類>

商標には「標準文字商標(文字)」と「ロゴ商標(マーク)」があります。

それぞれ分けて出願することや合体させて出願することができます。

インターネットにメリット・デメリットの詳細がまとめられているため割愛します。

出願内容によっては商標権の”範囲”に影響するため慎重に検討しましょう。

 


<注意点>

次に商標権出願に関する注意点をまとめました。

●商標権は使用しないと権利を取り消される場合がある。

●出願料だけでなく登録料を支払わなければ権利が発生しない。

 

商標出願の流れ



<出願方法>

出願方法は2つあります。

電子出願

書類出願(郵送もしくは特許庁持ちこみ)

書類出願する場合は、電子化手数料(後述)が発生します。

ちなみに私は書類出願で特許庁に直接持ちこみました。

 


<出願手順>

結論から言うと、特許庁の「「商標出願書類の書き方ガイド」」を参考にすれば誰でも出願方法をマスターできます。

書類のフォーマットも特許庁からダウンロードできますよ。

出願の手順をまとめました。

ステップ1:先行調査

ステップ2:出願書類の作成

ステップ3:提出

商標早期審査制度など色々あるのですがここでは割愛します。

 


<商標にかかる金額>

出願手数料
3,400円+(区分の数×8,600円)
電子化手数料
1,200円+(700円×提出書類の枚数)
登録料
設定登録料(存続期間10年分) 区分の数×28,200円

商標権の登録まで、なかなか高額な金額がかかります。

 

特許庁に出願しに行ってみた



<出願までの流れ>

某日、さっそく特許庁に出願しに行ってきました。

流れは以下の通りです。

ステップ1:手荷物検査を受けて入館

ステップ2:1Fの売店で特許印紙を購入し出願書類に貼る
(同じ場所で電子化手数料を支払うことができる)

ステップ3:1Fの受付窓口に出願書類を提出する⇒完了
(ステップ2で作成した書類のコピーを渡せば、手続きの押印をしてくれる)

コピーは、地下1Fのコンビニでできますよ。

 


<アクセス・窓口時間>

受付窓口:平日9時~17時

住所:東京都千代田区霞が関3丁目4番3号

party★party