参加チケット購入 お見合いパーティーならparty★party

■近況報告「大学職員・団体職員」採用試験受けてみた

4月から「大学職員・団体職員」への転職活動を始めました。



4月からの1カ月活動実績



<4月からの転職活動実績>

脱サラに向けた軍資金づくりのため大手企業に入社しましたが長時間労働を強いられ、入社半年で転職活動中です。汗

現在、大学職員団体職員への転職活動をしてきたので活動実績をまとめます。

大学職員は4月入社の求人はすでに終了しており、7月、10月入社、かつ都内大学のみに絞って応募したため応募数は少なめです。

 

大学職員の応募状況
・私立中規模A大学:書類審査通過→1次試験(マーク式教養試験)通過→2次試験(グループワーク、個人面接)→最終面接、落ち
・私立大規模B大学:書類審査→1次試験(教養試験)結果待ち
・私立大規模C大学:書類審査、結果待ち
・国立大規模D大学:書類審査(小論文含む)、→1次試験(グループディスカッション、集団面接)、結果待ち

 

一方、団体職員も応募していましたが、仕事内容が自分の軸に合わなさそうなので途中から辞退しています。

大学職員の応募状況
・国立研究開発法人A機構:書類選考通過→1次選考(マーク式教養試験+小論文)落選
・国立研究開発法人B機構:書類選考通過→1次選考(テストセンター形式)辞退

求められるスキル・特性



<求める人物像>

大学職員については、各大学「変革」「グローバル化」が求められます。
自らの経験をどのように活かしてそれを成し遂げるか必ず問われます。
私の求人応募書類の内容は、各大学同じことを書いています。笑

また、求人情報には「留学経験や語学力」を重視する旨を明確に書いてあります。

留学生や海外との大学や企業との連携も増えた今日では大学職員の語学力も求められているのでしょう。

 


<試験傾向>

これまで大学職員の試験をうけてわかった試験傾向をまとめました。

 

大学職員の採用試験項目
●マーク式の一般教養試験
●小論文試験
●グループディスカッション

大学職員や団体職員の一般教養試験は、大手企業と違いテストセンターの利用がほとんどなく、「マーク式のテスト」となります。

テストセンターなら試験結果を使いまわせるんですけどね。。

 

また、「小論文試験」、かつ大学職員に限っては「グループディスカッション」も見受けられます。

私は色んな人々と話せて楽しかったですが。笑

 

では、また後日進捗報告したいと思います。

 




Share this...
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
0
party★party