参加チケット購入 お見合いパーティーならparty★party

■大手企業と中小企業の「福利厚生」の違い

就活当初の私は「福利厚生」を全く知りませんでした。

私は、これまで大手企業と中小企業に勤務した経験より福利厚生等の違いをまとめました。




福利厚生とは



<福利厚生とは>

福利厚生を辞書で「福利厚生」を調べると・・・

会社員が働くことよって得られる給与以外の援助・サービスのこと。

企業によって「福利厚生」の種類は様々あります。

私が勤務したことのある中小企業と大手企業の事例を紹介します。

 

中小企業の福利厚生、経験談



<福利厚生>

私が勤務していた社会保険労務士事務所は、社員数30人ほどの規模の中小企業でした。

福利厚生は・・・

●所長が野球好きとあって東京ドームの優待券がもらえたこと。

所長の趣味が福利厚生に反映されていることは中小企業あるあるかもしれません。

私は野球に全く興味がない人間でしたので、一切福利厚生の恩恵を受けませんでしたが。。

 

大手企業の福利厚生、経験談



<福利厚生>

私はこれまで2社の大手メーカーに勤務したことがあります。

1社目は、業界でトップ3ほど、売上が5千億円弱の大手メーカー。

2社目は、業界最大手、売上が1.5兆円弱の大手メーカー。

大手企業となると自社グループに保険会社や旅行会社などを有しています。

福利厚生は・・・

●医療:健康管理センターで無料診察や無料処方あり。

●社宅、家賃補助制度:自己負担3割、家賃手当がありました。

●食費:社員食堂があり、1食200~360円。

●資格やスキル援助制度:あり。

●保険:グループ保険の医療・生命保険、自動車保険は2割~6割割引されます。

●その他:退職金制度、自社株制度、社内預金制度、保養施設優待、カフェテリアプランがありました。

家賃負担が3割だったため、都内在住は助かりました。

一方、「カフェテリアプラン」があり、旅行宿泊費の領収書を出せば半額キャッシュバックになりました。

私が勤務していた中小企業と大手企業の福利厚生の差は、金額でいうと「年間100万円以上」でした。

福利厚生は年々積み重ねると大きいため、就職や転職で注目したいところです。

party★party