参加チケット購入 お見合いパーティーならparty★party

■切手・封筒・送付状等の「書類郵送」まとめ

転職活動では卒業証明書や成績証明書と取り寄せや、求人応募するために履歴書等の書類を郵送することがあります。

郵送に必要な情報を備忘録としてまとめました。




封筒と切手



<封筒のサイズ>

販売されている封筒の包装には、大概「長形●号」「角形●号」と記載されています。

一見、A4サイズかB5サイズかわからなくなる場合があります。

応募書類や証明書の請求で使う「封筒のサイズ」についてまとめました。

「長形3号」:
⇒A4サイズの紙を3つ折りにして入れて郵送することができる封筒です。
大学の証明書等を請求する場合などに使います。

「角形2号」:
⇒A4サイズの書類を郵送することができる封筒です。
応募書類を郵送する場合に使います。

 


<切手>

切手の値段は、郵便物の「大きさ」と「重さ」によって変わります。

応募書類や証明書の請求で使う「切手の値段」についてまとめました。

●「長形3号」:
⇒25g以内は82円、50g以内は92円。
封筒の重さを含めてA4サイズの用紙が4枚以内までが82円が限度となります。

●「角形2号」:
⇒50g以内は120円、100g以内は140円。
応募書類の中身が、ES、職務履歴書、クリアファイルであれば140円です。

不安な方は、郵便局の窓口で郵送すると間違いありません。

ちなみに、日本郵政のホームページで料金を調べることも可能です。

 

消印有効・必着・書留



<必着と消印有効>

応募書類の締め切りは「必着」または「消印有効」のどちらかです。

「必着」:期限内に郵送物が必ず到着することを指します。

「消印有効」:締切日に到着しなくても郵送した消印が締切日以内であれば有効となります。

ちなみに「消印」とは、郵便局で切手・はがきに使用済みのしるしに押す日付印のことです。

日曜日や休日に出しても基本的に消印はされます。

 


<書留と簡易書留>

「書留」と「簡易書留」の違いは何でしょうか。

●「書留」:
⇒引き受けから配達までの郵便物等の送達過程を記録し、万一、郵便物等が壊れたり、届かなかった場合に、原則として差し出しの際お申し出のあった損害要償額の範囲内で、実損額を賠償するサービスです。

●「簡易書留」:
⇒一般書留に比べて、料金が割安であり、万一の場合の賠償額は、原則として5万円までの実損額となります。

応募書類送付は、稀に「簡易書留の指定」がある場合があります。

 

普通郵便と速達の配達日数



<配達日について>

普通郵送や速達が「いつ届くか」は、日本郵政のホームページから調べることができます。

参考として、応募書類など大型郵便を郵送した場合をまとめました。

●東京から都内へ郵送した場合: 普通郵便は翌日に到着、速達は翌日に到着。

●東京から大阪へ郵送した場合: 普通郵便は翌日に到着、速達は翌日に到着。

●東京から福岡へ郵送した場合: 普通郵送は翌々日に到着、速達は翌日に到着。

日本郵政のホームページはこちら。↓

 

土日や24時間取り扱いの郵便窓口



<ゆうゆう窓口>

よく郵便局の窓口には「ゆうゆう窓口」という名称の窓口があります。

「ゆうゆう窓口」とは・・・

郵便局の「営業時間外でも郵便物や荷物を送ることができる窓口」のことです。

窓口で「書留」や「速達」を出すことも可能です。

ゆうゆう窓口の有無は、郵便局によって違います。

また、取り扱い時間も違いますので、日本郵政ホームページで確認してみるとよいでしょう。

私がよく利用している郵便局は、東京駅近くにある中央郵便局の「ゆうゆう窓口」は土日を含めて24時間営業しています。

 

送付状のフォーマット



<送付状フォーマットの参考>

応募書類は、基本的に封筒の中にどのような書類が何枚入っているかを記載した「送付状」を添付します。

ただし企業によっては、「送付状不要」と指示されることもあるので確認しましょう。

送付状」は、ハローワークのホームページが参考になります。

party★party