参加チケット購入 お見合いパーティーならparty★party

■SB孫正義氏の講演「未来戦略と若者へのメッセージ」とは

ソフトバンク(以下、SB)孫正義氏のキャリアLIVE2019に行ってきました。

若者に向けたメッセージと企業戦略について備忘録としてまとめました。




パラダイムシフトを起こせ



<パラダイムシフトとは>

パラダイムシフト
●ある時代・集団を支配する考え方が、非連続的・劇的に変化すること

●社会の規範や価値観が変わること
(コトバンクより)

 

孫氏は、ニューヨーク5番街の1900年と1913年の二枚の写真をスクリーンに映しだしました。

1900年の写真には、多くの馬車と1台のクルマ。

1913年の写真には、多くのクルマと1台の馬車。

“たった10数年”で世の中の全体が変わったのでした。

 


<人類史上最大の革命>

孫氏は、革命について語りました。

そして、こう断言しました。

農業革命、産業革命、そして人類史上最大の革命である「情報革命」がくる
現在のデバイス(CPU、メモリ容量、通信速度)は30年前と比べて性能が100万倍になりました。

「30年後には現在のさらに100万倍に性能があがる」と語りました。

 

いずれ、知的デバイスは人類の数を超え、さらに人類の脳をAIが超えることでしょう。

このような人類史上最大のパラダイムシフトが起きようとしています。

 


<情報革命がもたらす影響>

情報革命によって我々の生活環境はどのようになるのでしょうか。

情報革命の特徴は、産業や農業だけでなく食品、医療など“全ての分野”に変革を与えることです。

 

例えば・・・

AIでできること
●自動運転技術で交通事故で亡くなる人を99%減らすことができる。

●1回あたり500円の輸送費を自動配送で20円となる。

●食糧危機に対してサッカー場の敷地面積分の野菜をサッカー場のゴールの大きさで製造できるプラント工場ができる。

●ガンの早期発見につなげる。

超高性能のデバイスを安価に製造する技術が確立されれば、我々の日常生活は間違いなく変わることでしょう。

 

若者よ、熱狂せよ



<孫氏の学生時代>

19歳のとき、たまたま友人の家に行く途中で見た雑誌に記載されていた一枚の写真。

記事には、指のうえにのった小さなマイクロコンピュータ(マイクロチップ)。

これを見た瞬間、涙が出て感動し痺れたそうです。

そのときの感動や想いは、今に至るまで持ち続けており、起業し世界を変革する原動力となっているそうです。

 


<働く意味>

孫氏が20代のときに余命5年と宣告、病院を抜け出して会社の代表者会議に出席したことで主治医に怒られてしまいます。

「なぜ、そこまでして仕事をするのか」
地位や名誉のため?(名誉なんてない)、お金のため?(しんだら意味がない)

「娘の笑顔のため。究極には人々の笑顔のために仕事をしたい。」
幸い、治療によって孫氏の病は完治。

このきっかけが「情報革命で人々を幸せに」というSBの理念にいきているのかもしれませんね。

 

未来を確信せよ



<未来>

孫氏はこのように語っていました。

「推論しロジックをたて、未来を確信せよ」
SBが偶然ここまで成長し、世界を変えてきたことも全て範囲内であると語りました。

 

私の経験では「未来を確信する」までに至りませんが、商品開発や設計をしているとき、頭の中の映像として未来の様子をイメージする感覚はわかるような気がします。

しかし、こうした感覚は熱狂し“強い想い”がないと見ることができません。

“強い想い”から未来を見据えて確信することが、革命を起こす”原動力”となるのでしょう。

 

ソフトバンクの孫氏に密着取材。読めば勇気と活力が湧いてくる本を紹介します。

party★party