参加チケット購入 お見合いパーティーならparty★party

■転職活動は「在職中」と「離職後」のどっちがいいの?

私は「在職中」「離職後」にそれぞれ転職活動した経験があります。

それぞれの一長一短についてまとめました。




「在職中」の転職活動



結論から言うと、

私は「在職中」の転職活動をおすすめします。

その理由は・・・

理由その1
金銭面的な理由

離職後の転職活動は、在職中の転職活動と比べて収入源が減るため生活費、税金、転職活動費、保険料など金銭的な負荷が大きくなります。

■失業中の支出は毎月20万円以上?転職は「軍資金」が必要だ

 

理由その2
精神的な理由

離職後の転職活動は、在職中の転職活動と比べて時間や環境の変化によって心身に良い方向もあれば悪い方向へと影響を及ぼすことがあります。

■就活転職で「負の連鎖」を脱出する5つの意識

 

理由その3
内定企業に妥協してしまう可能性がある

離職中に本命でなかった企業から内定をもらった場合に上記のような金銭的・精神的な負荷によって転職活動を妥協してしまう可能性があります。

私は離職中に本命でない企業から内定をもらったとき

「もういいっか」と転職活動を終えるべきか、「後悔したくない」と本命企業の転職活動を継続すべきかを悩み葛藤しました。

 

「離職後」の転職活動



転職活動は「在職中」にやったほうがよいと思いますが、“例外”があります。

パワハラやセクハラ、過労長時間残業があり、それが理由で精神疾患となる恐れがある場合です。

精神疾患となれば就業が難しくなり、一度再起不能になれば取返しがつきませんからね。

転職活動は休職や離職してからでも遅くはありません。

 

転職のタイミングは、人や労務環境によりケースバイケースです。

後悔しない転職活動のためにタイミングは考えましょう。

party★party