参加チケット購入 お見合いパーティーならparty★party

■「後悔しない」全力を尽くす面接ための2つのポイント

たとえ不採用だったとしても「この会社に縁はなかった」と後悔せずにベストを尽くす面接のポイントをまとめました。

どんとこい、採用面接。




入社後にやりたいことを話す



<会社との相性は必ずある>

会社の風土や労務環境は千差万別です。

私は大手企業を2社経験しましたが、会社の風土は全く違いました。

 

それは、恋愛と同じように会社と自分との相性は必ずあることを意味します。

私が新卒で働いていた企業は、保守的で忖度ばかりの体育会系で自分に合わなかったですね。

 


<自分の想いを実現できるか>

たとえ素晴らしいビジョンを持っていても、それを実現する職場環境や理解してくれる社員がいなければ意味がありません。

面接採用では・・・

ポイントその1
入社後に自分の強みを活かして、どのようなことをやりたいのかを話す。
結果的に縁がなかった場合

それは自分の想い、やりたいことに対して「実現できる組織環境や理解する仲間がいなかった」と割り切ることができます。

正直、不満や疑問を抱きながら長年働くこと自体が辛いだけですから。

 

相手にきちんと伝えること



<相手に伝えること>

どんなに優れた提案や実績でも相手に伝えて理解してもらわなければ意味がありませんよね。

採用面接では・・・

ポイントその2
相手が理解できるように上手く伝えることです。

これにより不完全燃焼による後悔を防ぐことができます。

 

では、どうすれば伝える力を鍛えることができるのでしょうか。

私は、「面接の練習」をしました。

■面接前に「対面式練習」する3つのメリット

 


<就活の心得>

就活はメンタルのコントロールがとても大事です。

たとえ、第一志望の企業から不採用通知がきても心の切り替えが必要です。

次のチャンスは必ず来ます。

えられたチャンスに対して全力を尽くしましょう。

 

また、第一志望の企業が不採用であってもチャンスが無くなったわけではありません。

私の友人は、就活で不採用だった企業に転職で採用されました。

 

採用面接などに自立神経を整える習慣など役立つ情報をまとめた本を紹介します。

party★party