参加チケット購入 お見合いパーティーならparty★party

■採用面接後で「後悔しない」2つの心構えポイント

採用面接を終えた後、もしくは不合格通知を受け取った後は誰しもが落ち込みます。

しかし、その落ち込みも心構え次第で”後悔せずに”前向きに割り切ることができるポイントをまとめました。




「入社後にやりたいこと」を話す



<後悔その1>

私が採用面接後に後悔していたひとつは、自分の気持ちや考えの内容を面接官に言えずに終わってしまうことです。

自分のやりたいことを言えず完全燃焼状態になり後悔していました。

そうならないために、どうすればよいのか考えてみました。

 


<企業との相性>

自分と会社には必ず”相性”があると考えています。

具体的には、人、社風、環境などです。

「自分がやりたいこと」に対して「会社内で実現できる環境」があるかどうか。

それがわかる機会が”採用面接”です。

採用面接を”後悔しない”心得のひとつは・・・

後の祭りにならないように「入社後にやりたいこと」をしっかり話すことです。

結果的に縁が無ければ、「やりたいことに対して実現できる環境がなかった」と割り切ることができます。

やりたいことについては、事前に企業との接点や実現環境などを情報収集しておくとよいでしょう。

■各転職サイトやエージェントの「更新日」まとめ

 

相手にきちんと伝えること



<後悔その2>

私が採用面接後に後悔していたひとつは、言いたいことを話しているのに採用面接官の反応が違ったり理解されなかったりすることです。

せっかく話した内容が相手に理解されなかったり、上手く説明できなかったことに対して後悔していました。

そうならないために、どうすればよいのか考えてみました。

 


<相手に伝えること>

当たり前ですが、どんなに優れた提案や実績でも相手に伝えて理解してもらわなければ意味がありません。

採用面接を”後悔しない”心得のひとつは・・・

相手の立場にたって「理解できるように伝えようとすること」です。

言われなくてもわかっていることですが、実際やろうとしてもなかなか難しい。

採用面接の自己PRメソッドについてまとめました。

■就活や転職で成功する3つの「自己PR」メソッド

 


<まとめ>

就活はメンタルのコントロールがとても大事です。

例えば、よくない結果であっても次へと切り替える必要があります。

私が実践した独自のコントロールポイントは、いかに「割り切る理由」をつくれるかでした。

party★party