参加チケット購入 お見合いパーティーならparty★party

■採用面接後で「後悔しない」2つの心構えポイント

採用面接後、後悔して落ち込まなくなる方法について考えてみました。




入社後にやりたいことを伝える



<後悔したこと>

私が面接後に後悔したことは、自分の気持ちや考えを曖昧に面接官に話して終わってしまうことです。

中途半端な気持ちとなり、不完全燃焼で後悔していました。

そうならないために、どうすればよいのか考えてみました。

 


<企業との相性>

自分と会社には必ず”相性”があると考えています。

具体的には、人、社風、環境などです。

「自分がやりたいこと」に対して「会社内で実現できる環境」があるかどうか。

それがわかる機会が採用面接です。

採用面接を後悔しない心得のひとつは・・・

入社後にやりたいことを面接官に伝えることです。

結果的に縁が無ければ、やりたいことに対して実現できる環境がなかったと割り切ることができます。

メンタルコントロールで割り切る理由をつくれば後悔しません。

 

相手にきちんと伝えること



<後悔したこと>

私が面接後に後悔したことは、言いたいことを話しているのに採用面接官の反応が鈍かったことです。

せっかく話した内容が相手に理解されなかったり、上手く説明できなかったことに対して後悔していました。

そうならないために、どうすればよいのか考えてみました。

 


<相手に伝えること>

当たり前ですが、どんなに優れた提案や実績でも相手に伝えて理解してもらわなければ意味がありません。

採用面接を後悔しない心得のひとつは・・・

まずは自分がきちんと理解していないと伝わりません。

そして、知らない相手でも理解できるように伝えようとすることが大事です。

相手が自分の話を理解したうえで判断した結果ならば後悔することはありません。

 

その他、採用面接の自己PRメソッドについて記事にまとめました。

■就活や転職で成功する3つの「自己PR」メソッド

party★party