参加チケット購入 お見合いパーティーならparty★party

■新卒早々に「転職サイトに登録」すべき3つの理由

4月に入り新社会人となった方も巷で見かけるようになりました。

新入社員が転職する気持ちが無かったとしても、入社早々に「転職サイトに登録」すべき3つの理由をまとめました。




上位企業へキャリアアップの「転職準備」



<キャリアアップ>

新社会人となった方の中には、第一志望の企業の入社できなかった人もいるではないでしょうか。

第一志望に行けなかった人でも、行きたかった上位企業に転職する道はあります。

大学入学後に他大学に再入学する下面浪人はいますが、企業でも同じです。

 

入社後に「転職サイトに登録」オススメの理由のひとつは・・・

上位企業の転職を目指して目標となることです。

近年では、卒業して離職しても第2新卒として採用試験に再チャレンジすることも可能です。

 

ブラック企業・部署の対策として「転職準備」



<備えあれば患いなし>

私は、大手企業内でもブラック部署(残業150時間越)で働いた経験がいくつもあります。

入社後に「転職サイトに登録」オススメの理由のひとつは・・・

ブラック企業・部署対策として備えることです。

近年では、パワハラ、うつ病などの精神疾患による離職者も非常に多くいます。

大手企業だから生涯安心というわけではありません。

会社は入ってみないとわからない部分もあるため、備えあれば患いなしです。

 

井の中の蛙を防ぐ「スキルを知る」



<世間に通用するスキル>

当時の私は、会社内の決まった部署や人など狭いコミュニティの中で仕事をしていると視野がどんどん狭くなっていくのがわかりました。

あるとき、他社の同じ職種の人と話したとき色々な知見やスキルを持ってることに驚きました。

気がつけば、会社のみ通用するスキルを持つ「井の中の蛙」常態になっていたのです。

 

入社後に「転職サイトに登録」オススメの理由のひとつは・・・

世間に通用する知識やスキルを知ることです。

会社内でのみ通用するスキルではなく、世間で通用するスキルをまず知ることができます。

情報を知ることで、新しいスキルや知識を修得するきっかけにもなります。

転職などに役立つスキルや資格の経験談です。

■「入社1年目」で役に立った資格【製造・商品開発職】

 

転職サイト登録注意点



<情報公開の危険性>

転職サイトには、職務履歴書をWEB登録し、企業からのオファーやスカウトを受けることができます。

一方、必要な設定をしなければ在職の企業担当者も職務経歴書を閲覧することができます

そのため、「ブロック企業」を設定し、在職企業担当者が自分の職務経歴書を閲覧できないように設定することをオススメします。

 


<各サイトの特定企業ブロック方法>

●リクナビネクスト
「マイページ」>「スカウトレジュメの確認・変更」>「レジュメ公開ブロック」

●マイナビ転職
「各種設定の変更」>「スカウトサービス利用設定」>「非公開設定」

●日経キャリア
「登録情報の変更」>「スカウトブロック」

 


<参考書>

その他、「この会社に一生働いていいのか?」「転職とは何か?」を考える本を紹介します。

party★party