参加チケット購入 お見合いパーティーならparty★party

■「短期間の転職繰り返し」の逆境を突破するには

短期間に転職を繰り返した私の失敗や採用試験を突破する方法をまとめました。




準備と対策が必要



<準備が必要>

短期間の転職は採用に不利となるのでしょうか。

短期間で転職繰り返しは、採用担当者からの評価としてよくありません。
参考:「何回までOK?転職回数が多くても「内定」を勝ち取る方法」(マイナビ転職)

 

一方、当時利用していた転職エージェントからは、このように言われました。

エージェント経由の書類審査通過率が通常“2割”だとすれば、

短期間の転職者だと書類審査の通過率は“1割”です。

だからこそ、しっかりと対策と準備が必要です。

 

私は短期間で転職を繰り返し2回目で大手企業に転職をすることができました。

私が実際に行った対策のポイントを下記にまとめました。

 

ESで転職の軸を記載する



<転職の軸を明確にしよう>

採用面接では、何をアピールすればよいのでしょうか。

転職の”軸”をアピールすることです。

軸とは、どのような考えで転職をしたかという“一貫した理由(信念)”です。

 

短期間・転職繰り返しというマイナス要素からアピールポイントにすることができます。

書類審査の通過率は高まるでしょう。

 

面接で業務遂行をアピールする



<最後までやり遂げることをアピールする>

書類審査を突破して、ようやく採用面接。

採用担当者は、入社後に「仕事が辛い、合わない」などの理由で再び短期間で離職するのではないかと懸念をもっています。

この懸念を払拭するには・・・

過去と現在を含めて業務を最後まで遂行してきたエピソードをアピールすることです。

採用担当者に熱意が伝われば内定の道は開けるでしょう。

 

自分の軸や信念について悩んでいる方。

USJの倒産危機からV字回復させた著者が「仕事の軸」について語った本を紹介します。

後悔しないように面接に挑む方法をまとめました。

■「後悔しない」全力を尽くす面接ための2つのポイント

退職理由について気をつけることをまとめました。

■転職面接で気をつけたい3つの「退職理由」

party★party