参加チケット購入 お見合いパーティーならparty★party

■エンジニアの「共創」によるイノベーション

ステークスホルダーや他企業と共に新しい技術を融合させ、

新しい価値を生み出す「共創」によって「イノベーション」が生みだされています。




「共創(協創)」とは



<拡がる共創>

これまでシリコンバレーやベンチャー企業のコワーキングなどで企業間同士の交流・技術が融合しイノベーションが起きることがありました。

現在では特定場所・企業規模を問わず、共創というビジネスモデルが確立しイノベーションを起こすことができるようになりました。

そのきっかけが「共創」です。

「共創」とは・・・

ステークスホルダーや他企業などと新しい価値を共に創り上げていくこと。

その共創は、日本企業の間でも拡がっています。

 


<日本企業の共創事例>

日本では、有名大手通信・メーカー企業ホームページで様々な「共創」によるビジネスモデルや研究成果が公開されています。

例えば・・・

●日立
「協創ビジネス推進本部」や「共生自律分散推進本部」を新設しステークスホルダー視点での開発を加速、顧客協創方法論「NEXPERIENCE」を推進。

●富士通
米国シリコンバレーに開設した「Open Innovation Gateway」や「MetaArc(メタアーク)ベンチャーコミュニティ」において様々な企業、大学・研究機関、ベンチャーなどとの共創を推進。

●NTTデータ
トレンド情報「NTT DATA Technology Foresight」というアイデアを生み出すお客様参加型のワークショップを開催。

 

共創に捧げた電卓の父「佐々木 正」



<共創を推進したエンジニア>

今年の1月31日、シャープ元副社長の佐々木正氏が102歳で生涯を終えました。

エンジニアである佐々木氏は、こう呼ばれていました。

世界で初めてIC電卓の開発・日本半導体産業の礎を築いた「電卓の父」

彼は「共創」という信念をもつエンジニアでした。

そのエピソードがいくつかあります。

創業資金調達に困っていたソフトバンクの孫正義氏に出資したこと。

また、スティーブ・ジョブズ氏やビル・ゲイツ氏と共創しイノベーションのきっかけにも貢献。

参考:「ジョブズも孫正義も憧れたシャープ伝説のエンジニア」(日刊工業新聞社)

 

このような「共創」のエピソードを詳しく知りたい方は、「ロケット・ササキ」という本がオススメです↓

「共創」に必要なものは何か



<共創が成功した経験>

私がメーカーの商品開発をしていた時代の話です。

あるとき、何人かのエンジニアが集まり性能や構造を話し合う会議をしていました。

単なるアイスブレイクから真剣な話まで色々と議論し、新しい価値を生み出すことができました。

 

なぜ、共創が成功したのでしょうか。

結論から言うと、「何でも話せる環境と、それを真剣に聞く環境があること」が成功したポイントになったと考えています。

イノベーションは、異業種の意見を聞き入れて生みだされるものです。

話すことに億劫にならず、ヒントとなる意見を活かせる”環境”が大事だと気づくことができました。

 


<共創に必要な条件>

私は、これまでの経験から共創に必要な条件がいくつかあることを知りました。

その条件とは・・・

●異なる価値観や優れた技術などの多様性(人財)

●その者たちをつなぎ、相乗効果を生みだす場所(環境)

「人財」とそれを活かす「環境」の両方がなければ共創は生みだせないということです。

※個人的な経験に基づく感想です。

party★party