参加チケット購入 お見合いパーティーならparty★party

■就活や転職で成功する3つの「自己PR」メソッド【転職2回】

私は過去にエンジニアから社労士業界へと全く異なる職種業界へ転職しました。

資格や経験がなくても転職ができた「自己PR」の内容や方法についてまとめました。




3つの「自己PRポイント」とは



<自己PRポイント①>

自己PRの内容は人それぞれだと思います。

今回は、”私の経験”から得た成功するポイントを備忘録としてまとめました。

※あくまで個人的感想です。

 

まず、1つ目のポイントは・・・

「自分と企業の接点」をPRすることです。

具体的には、「採用担当者に対して、自分が企業で働いている姿やビジョンをイメージさせること」です。

 

私の場合、「エンジニア→社会保険労務士」という異業種へ転職した経験があります。

おそらく求職者に対して採用面接官はこう考えていたはずです。

「なぜこの業界、うちの会社に入社するのか。この人はうちに合うだろうか?」

前述のように採用担当者に対して「企業で働いている姿やビジョンをイメージさせること」で不安を払拭し、”内定”に近づくことができます。

 

あまりイメージがつかない、具体的なノウハウを知りたいという方。

転職セミナーで修得、練習することができます。

■「転職エージェント」の長所と短所【注意点:再就職手当の受給】

 


<自己PRポイント②>

「自己PRをどのタイミングで話せばよいかわからない・・・」という方もいるはず。

特に、転職活動では必ずしも自己PRできる質問が来るとは限りません。

その中で、私がいくつもの採用面接を経験して得た自己PRの“タイミング”があります。

 

2つ目のポイントは・・・

採用面接最初の「自己紹介」のタイミングで自己PRを含めることです。

自分の名前、職務経歴、自己PR、+その強みを活かして志望企業で活かせること(接点)を自ら話します。

自分から「企業との接点」を話すことで面接官の興味を持ってくれると結果が大きく変わります。

「企業と自分の接点がわからない・・・」という方は、下記に見つける方法をまとめています。

 


<自己PRポイント③>

採用面接の最後は、企業から「最後に何か聞きたいことがあるか」と質問がきます。

 

3つ目のポイントは・・・

最後の逆質問で「”入社後”に会社でやりたいこと・考えていること」を話すことです。

採用担当者に対して「具体的なビジョンを描いていること、本気で入社を考えていること」をアピールできます。

当たり前ですが、内定は、単なる”通過儀礼”であって目標(ゴール)ではありません。

採用担当者から少しでも気に留めてもらえるチャンスになるでしょう。

採用面接で後悔しない心構えについて経験談をまとめました。

■採用面接後で「後悔しない」2つの心構えポイント

 

自己PRの「材料を見つける」方法



<自己PRの「情報収集」>

「志望企業の接点がない」「自己PRできるポイントを知りたい」という就活生は多くいると思います。

まずは、企業研究や情報収集をおすすめします。

 

具体的には・・・

志望企業や志望業界の説明会に行く

●クチコミサイトで過去の質問内容・内定者の自己PRを見る(就活生向け)

説明会は、企業の担当者から「業界の現状や課題」「具体的な仕事内容」「必要なスキル」など信頼性の高い情報を手に入れることができます。

一方、説明会に直接行けない場合でも、クチコミサイトの情報からある程度の企業ニーズを把握することができます。

 


<自己PRの「ヒント」>

求人票に記載されている仕事内容や人物像で使われている「キーワード」を使うことで企業との接点をアピールすることができます。

 

例えば・・・

●挑戦し変革するマインドをお持ちの人: ⇒「挑戦」「変革」

●業務を遂行するマネジメント力をお持ちの人: ⇒「業務遂行」「マネジメント」

●他部署と連携してコミュニケーションができる人: ⇒「連携」「コミュニケーション」、等

またキーワード等から企業が求める「人物像」「スキル」「能力」を把握することができます。

ただし、あまりにもフレーズをコピペすると周りの人と差別化できなくなるため注意しましょう。

 


<おまけ>

相手に伝えなければいけません。

ジャパネットたかた社長の「伝える力」とは?

party★party