参加チケット購入 お見合いパーティーならparty★party

■就活や転職で成功する「自己PR」メソッド

私は過去にエンジニアから社労士業界へと全く異なる職種業界へ転職しました。

資格や経験がなくても転職ができた「自己PR」の内容や方法についてまとめました。




内定をとる自己PRとは



<自己PRのポイント>

自己PRは、応募書類や採用面接で使いますよね。

自己PRをするポイントはあるのでしょうか。

「自分と企業の接点」をPRすることです。

 

その理由は、求職者に対して面接官は考えるはずです。

「なぜこの業界、うちの会社に入社するのか。この人はうちに合うだろうか?」
面接官が求職者と企業の接点をイメージできずに面接が終わってしまった場合、

不採用になる可能性がきわめて高いです。

 


<採用面接で自己PRするタイミング>

それは面接最初の「自己紹介」です。

具体的には・・・

自分の名前、職務経歴、自己PR、+その強みを活かして志望企業で活かせること(接点)を自ら話します。
自分から企業との接点を話すことで面接官側の印象が変わることでしょう。

下手な採用面接官がでてきても問題ありません。

 


<接点を探すヒント>

「志望企業の接点がない・・・」という就活生は多くいると思います。

ヒントその1:志望企業や志望業界の説明会に行く

その理由は・・・

企業との接点材料となる業界の現状や課題、具体的な仕事内容、必要なスキルなど一度に多くの情報を集めるよい機会だからです。

 

ヒントその2:求人票に記載されている「キーワード」を使う

求人票の求める人物像の例・・・

●挑戦し変革するマインドをお持ちの人

●業務を遂行するマネジメント力をお持ちの人

●他部署と連携してコミュニケーションができる人、等

これらのキーワードを基に自己PRすることで面接官が求める人物像の”ズレ”を防ぐことができます。

 

逆質問は最後の自己PR



<最後に>

当たり前ですが、企業の内定を取ることが目標(ゴール)ではありません。

成人式や結婚式などのように内定を取ることは単なる通過儀礼に過ぎません。

 

よく採用面接の最後に「聞きたいことはあるか?」と逆質問があります。

これは、面接官に対して「入社後にやりたいこと」を具体的にPRできるよい機会だと思います。

 

その他、後悔せずに全力を尽くす採用面接のポイントをまとめましたので、ご覧ください。

■「後悔しない」全力を尽くす面接ための2つのポイント

party★party