参加チケット購入 お見合いパーティーならparty★party

■大手有名企業にも通用した「SPI適性検査」攻略メソッド

私が転職活動を始めたときは「転職のSPI適性検査は就活と違うの?」というレベルでした。

今後、就活や転職活動でSPI適性検査を受ける方の参考になればと思います。




SPI適性検査とは



<SPI適性検査の特徴>

多くの有名大手企業はSPI適性検査を採用しています。

SPI適性検査とは何でしょうか。

SPI
企業の採用試験などに用いられる総合適性検査のひとつ。

筆記またはパソコンでの回答から知的能力や性格などを評価する。

リクルートキャリア社が作成し、2002年にSPI2、2013にSPI3となった。(コトバンクより)

 

SPI適性検査の受験項目は大きく2つあります。

●基礎能力を図る「能力検査」

●人をみる「性格検査」

また、能力検査は「言語問題」「非言語問題」に分かれています。

 

大手企業で多いSPI適性検査は「テストセンター形式」によるものです。

これは企業から受験IDをもらい、テストセンターという指定の会場にあるパソコンで受験することです。

 

テストセンター形式のメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット
一度受験したSPI試験結果を他社のSPI試験に使いまわせること
デメリット
採点結果は公表されないため、受験した手ごたえのみで結果を再利用するかを判断しなければいけません。

 

就活と転職でSPI適性検査対策の違い



<受験経験の分析結果>

SPI適性検査の参考書には「転職用」と「就活用」それぞれあります。

私は就活用と転職用の参考書をそれぞれ購入しました。

 

結論から言います。

就活と転職活動のSPI適性検査は全く同じでした。(大手企業5社受験した結果)

つまり、「就活用」SPI適性検査の参考書1冊で対策は十分です。

 

ちなみに就活と転職活動それぞれの参考書内容の違いは何でしょうか。

参考書によると、転職用SPIの方が問題範囲が狭く一部独自問題が出てくるらしいです。

 

SPI適性検査の対策



<まずは情報収集しよう>

適性検査はSPI適性検査という方法だけではありません。

どうすれば適性検査の種類かわかるのでしょうか。

●就職サイトなどの求人情報や専攻フローに記載

●みん就など先輩からのクチ口コミ

●企業説明会などで採用担当者から聞く、等

企業によっては企業説明会に参加しないとSPI適性検査の受検IDをもらえない場合があります。

そのため積極的に情報収集しましょう。

 


<SPI適性検査の試験対策>

攻略ポイントその1
SPI適性検査の参考書を1冊”繰り返し”マスターすることです。
理由はテストセンター形式で出題される問題形式と解答メソッドが決まっているからです。

そのため、勉強していれば効率的に解くことができますよ。

 

攻略ポイントその2
何度かSPI適性検査を受験して慣れることです。
試験結果は使いまわせるため、手ごたえがあるまでSPI適性検査を受けましょう。

就活時代の私は、SPI受適性検査の場数を踏むためだけの目的で数社エントリーしていました。

 

採用面接や応募書類の自己PRについては、こちらをご覧ください。

■就活や転職で成功する「自己PR」メソッド

party★party