参加チケット購入 お見合いパーティーならparty★party

■「転職エージェント」の長所と短所【転職サイトとの違い】

転職を始めた頃の私は「転職サイトと転職エージェントの違いって何?」というレベルでした。

今後、転職される方の参考になればと思います。




転職サイトと転職エージェント



<利用してみた>

私は、転職サイトと転職エージェントをそれぞれ利用したことがあります。

その経験から両者の違いについてまとめてみました。

ちなみに私が利用した転職サイトと転職エージェントはこちら。

●転職サイト:マイナビ転職、リクナビネクスト、エン転職

●転職エージェント:リクナビエージェント、マイナビエージェント、doda

 


<登録方法>

それでは、さっそく両者の登録から見ていきましょう。

●転職サイト:学歴や職務経歴書を登録後に求人応募ができるようになります。

●転職エージェント:エージェントと電話もしくは面談のカウンセリング(自己分析、志望分野等)を終えて登録してから求人応募ができるようになります。

 


<求人応募>

また、求人情報の応募方法についても違いがあります。

●転職サイト:求人企業に登録した志望動機、履歴書、専門の設問を直接送信します。

●転職エージェント:求人票の「応募する」ボタンを1クリックだけ。エージェントを経由して送信します。

 


<採用試験の日程>

そして、選考結果の通知や面接日程の調整について。

●転職サイト:専用メールフォームに企業から直接連絡がきます。

●転職エージェント:エージェントよりメールが届きます。

 

よかった点・気をつけたい点



<よかった点>

私が転職エージェントを利用してよかったと思った点を挙げてみました。

●転職セミナー

●求人応募が簡単・多くの企業に応募できる

「転職セミナー」は、自分のノウハウや強みを効率的にアピールする方法を教えてくれます。

私が参加したセミナー場所は、東京駅近く、時間帯は夜であったため仕事帰りの会社員参加がとても多くいました。

 

一方、「求人応募が簡単」とは、求人情報のページにある「応募する」ボタンを1クリックするだけで応募が完了するからです。

そのため、たくさんの企業に求人応募することができます。

 


<気をつけたい点>

私が転職エージェントを利用して気をつけたいと思った点を挙げてみました。

選考結果のみならず求人紹介などのメールの連絡が非常に多い。

●書類通過率が転職サイトより低い

連絡は基本メールです。

日々メールチェックと「誤ってメールを削除」しないように注意しましょう。

 

一方、前述のよかった点には「求人応募が簡単・たくさんの企業へ求人応募できる」と挙げていましたが、裏を返せば

求人応募人数が多くなる分、書類通過率が転職サイトと比べて低くなります。

 

再就職手当を受給できる条件



<再就職手当とは>

再就職手当
早期に安定した職業に就いた際に一時金を支給される手当です。

再就職を促進するための制度になっています。

再就職手当を受給するために満たさなければいけない条件のひとつには、以下の注意点があります。↓

 


<再就職手当の受給条件>

「自己都合退職」で退職して再就職手当を受給するにはいくつかの条件があります。

●自己都合退職して”1カ月以内”に再就職した場合
⇒「ハローワークまたは職業紹介事業者の紹介」に限られます。

●自己都合退職して1カ月”超えて”再就職した場合
⇒転職仲介の制約条件はありません。

「職業紹介事業者」には、転職エージェントが含まれています。

しかし、転職サイトは含まれていませんので注意しましょう。

party★party