参加チケット購入 お見合いパーティーならparty★party

■自分らしく生きる「時間マネジメント」【堀江式メソッド】

今回は、堀江貴文氏のコラムを見て、時間の価値、暇とは何か、時間をコントロールするための方法について備忘録としてまとめました。



人生=自分の時間



<自分の時間を増やせ>

サラリーマンからは「仕事で時間に縛られる」「社畜」という言葉をよく聞きます。

そして自分が何のために生きているのか見失う、仕事が全く楽しくないという負のループに陥ります。

 

一方、堀江氏のコラム一節には、「自分の時間で生きているか?」という問いが出てきます。

また、時間には「自分の時間(自分が自由にできる時間)」「他人の時間(他者からの拘束時間)」の2種類に分けられるとし、下記のことを刑務所生活で悟ったそうです。

「人生の質を高める=自分の時間を増やす+他人の時間を減らす」

この意識感覚は、私自身も大事であると感じます。

例えば、難しい仕事に対して半強制的にやらなければいけないと考えれば苦しいですが、自分がやりたい仕事だったと考えることと苦しさは減少します。

「自分の時間」と「他人の時間」をいかにコントロールできるかで人生の質は変わるのかもしれません。

参考:「あなたは自分の時間で生きているか?」(新R25)

 

暇と多忙について



<多忙も暇も悪だ>

私は、以前、仕事や人生にはゆとりが必要だという記事を書きました。

■仕事や人生には3つの「ゆとり」が大切

しかし、時間的な「ゆとり」の中でも、「何か目的をもってやる時間」と「退屈で仕方のない暇な時間」は別物だと考えています。

 

堀江氏のコラムでは、「時間は人生で最もかけがえのないもの」と語っており、先述の自分の時間を奪うものには、「多忙」と「暇」というキーワードが出てきます。

「多忙=暇=悪」

「多忙」は意図せずに自分の時間を削る悪だとわかります。

一方で「暇」は余計な考えや悩みなどストレスの原因となってしまうことから悪と同等という考えに至ったそうです。

「多忙」と「暇」に要するエネルギーの浪費が人生の質をさげる要因のひとつになっているのかもしれません。

参考:「暇は悪だ」(新R25)

 

時間をコントロールする方法



<時間のロスをなくせ>

同様のコラムの続きには、時間の価値を説いたうえで時間のロスをなくすことが大事と述べています。

時間の無駄を減らす具体的な方法は・・・

●悩むのをやめる

●スキマ時間を有効的に活用する

さらに、具体的な方法を実行する際に注意する点は「スキマ時間を洗い出しは必要だが、睡眠時間は削るな」という堀江氏の経験談もあります。

現在、仕事が多忙で悩んでいるならば、時間に対する考えや活用方法を変えることで好転するきっかけにつながるかもしれません。

参考:「スキマ時間を活用すれば寿命は延びる」(新R25)

 


<おまけ>

上記をまとめた本がありますので紹介します。

経験談が多く、とても読みやすいです。

party★party