参加チケット購入 お見合いパーティーならparty★party

■「自由診療→保険診療」に変更【3カ月で20万円の差】

私が自由診療と保険診療をそれぞれ受けた経験(サービス内容、医療費、等)をまとめてみました。

少しでも支出を抑えたい方の参考になればと思います。



自由診療と保険診療の違い



<各診療の概要>

自由診療と保険診療の違いは何でしょうか。

自由診療
医療費の自己負担額:10割

保険医療の対象とならない最先端治療など受けられるメリットがあります。

保険診療
医療費の自己負担額:原則3割

保険診療としての検査や治療内容が決められています。

私は、最初に自由診療の心療内科を受診しました。

■心身に異変?「心療内科」を受診してみた

 


<自由診療から保険診療に変更した経緯>

初めての心療内科のクリニックを選んだ理由は・・・

クチコミの評価が高く、すぐに予約できたクリニックだったからです。

自由診療や保険診療に関することは全く考えていませんでした。

 

一方、自由診療から保険診療に変更しようと思ったきっかけは・・・

会社の健康管理センターの方からの紹介がきっかけです。

医療費が安いというのが決め手です。

ただし自由診療の医療サービスは抜群によかったです。

体調が悪い初期にこうした医療機関サービスを受けて回復できたのは結果的によかったと思います。

 

自由診療→保険診療に変更した結果



<自立支援制度を活用すべし>

さっそくですが、自立支援制度とは何でしょうか。

対象者は、通院による治療を継続的に必要とする程度の状態の精神障害を有する方です。

医療費の3割負担→1割の負担となります。(条件等は、医療機関に確認してください)

参考:「自立支援医療について」(東京都福祉医療局)

自由診療は対象外となりますので、ご注意を。

自由診療に係った費用は、医療費の確定申告を行いました。

(後日、記事をリンクします)

 


<医療費用の比較>

私が要した医療費をまとめました。

自由診療の費用は・・・

1回あたり19,800円、3カ月で約25万円でした。

保健診療の費用は・・・

1回あたり3,000円、1カ月約1万円でした。

 

精神疾患による治療は一般的に長期化となるため、少しの節約が結果的に大きな結果となります。

また、私は社会保険制度に助けられて元の健康状態に戻ることができました。

party★party