参加チケット購入 お見合いパーティーならparty★party

■企業が「雑談」推奨する理由【成長企業の社風】

私が勤務していた前職の部署は、真面目であり保守的でサツバツとした社風でしたが、現職の部署はフラットで発案等が活発で成長感がありました。

この違いの要因は、社員間のコミュニケーション「雑談」が関係しているのではないかと考えました。




「雑談」のない職場は問題あり?



<雑談がない職場>

会社内での雑談は禁止し、黙々と作業をする職場から次々と「若手社員」は辞めていった会社があるそうです。

「雑談がない」職場の特徴をまとめました。

●チームメンバー同士の信頼関係を下げる
⇒先輩と若手の信頼関係が損なわれて職場はギスギス、人が辞めていく。

●トラブルに対して弱い
⇒ リーダーの細かな指示がないと誰も動かない。互いの持ち場が分からず思考停止。

参考:「若手が次々と辞めていく、「雑談」の無いIT職場は問題だらけだ」(日経×TECH)

 


<余裕がない負のスパイラル>

時間に余裕・雑談がなくなると、情報共有や相談がなくなり、低い生産性の仕事やトラブルの初動遅れなどに負の影響が出ます。

雑談のない組織の問題を見える化した図を紹介します。

出典:あまねキャリア工房

 


<雑談がある職場>

「雑談がある」職場の特徴をまとめました。

●生産性が高く利益率があがる
⇒チームメンバーの強み、経験・ノウハウを把握し、それを手がかりに良いものを作っていく。

●トラブルに対して強い
⇒ 1人ひとりが自分の役割を理解した上で力を発揮。雑談を通じて、互いの強みや役割を分かっているため。

 

株式会社ソニックガーデンという企業では、「報連相」よりも「雑相(雑談と相談)」を重視しているそうです。

こまめに雑談と相談することによって、社員が1人で悩まないこと、問題を抱え込まない組織づくりを大切にしており、企業も成長・拡大しています。

「雑談」の緊急性は【低い】が重要性は【高い】

 

私が経験した「成長する部署」と「衰退する部署」



<雑談のない部署>

私が大学卒業後に入社した大手メーカーで配属された部署内では雑談はありませんでした。

上記で挙げた問題が実際に起きていて、特に働き方改革によって残業が制限されたことにより一層社内における社員間の会話がなくなりました。

管理職である上司も常に忙しく動き、1分間の会話も続かない、トラブルの相談もできず。

結果、トラブルに対する初動が遅れが原因で炎上に発展しました。

 

一方、新しい後輩が部署に配属してきても、自分のことで精いっぱいとなってしまい、後輩個人の興味へ向かず、何に悩んでいて強みが何かさえ知らない状況でした。

結果、その後輩は数年後に退職したと聞いています。私自身も孤立し「退職」しました。

 


<雑談のある部署>

今の会社で配属された部署は、雑談が割と多く人間関係はフラットです。

私自身も自分の工程場所で実験的に週に1回、一人ひとり「週末振返りの雑談(仕事の悩み等)」を実験的に開催しているところです。

「雑談」ルールを作りました。

●人を「さん」づけで呼ぶ。あだ名もOK(役職で呼ばない)

●仕事の悩み、気づき、不安、不満などOK

●私:基本的に傾聴、気持ちなど聞く

結果、誰でも話かけやすい雰囲気があり、自然と誰が何の分野に強いのか知ることができました。

 


<雑談の悩み>

雑談について試行錯誤中です。

●雑談の内容:本当ならば仕事につながる事項を集中的に話したいのですが、そうすると話すことに抵抗感をもつことにつながるため内容はフリー傾向です。

●雑談の方法:毎朝、一人ひとり体調面等で話してもらいます。当初、15人くらいで輪になり聞いたら最大30分もかかってしまったこと、人数的に話しにくい環境になっていることから改善中です。

今後、傾聴文化といった社風を作り出せたらと考えています。

■「本音を言って何がまずい?」【内省④】

party★party