参加チケット購入 お見合いパーティーならparty★party

■大手企業のぬるま湯からの脱出「ピンチはチャンス」

私は、体調を崩し、一定期間休む中で今までやりたかったことに挑戦しました。

まさにピンチはチャンス。大手企業のぬるま湯から脱出します。



日常生活に「きっかけ」はある



<偶然>

人生は、ひとつの小さなキッカケで変わるかもしれません。

私は、150時間という長時間残業を繰り返した結果、体調を崩して一時休養でお休みしました。

■ダークサイド「残業150時間超」の生活を暴露してみる

その期間に偶然、電車内広告で「東京都のビジネスコンテスト」に出会いました。

 

そして「ビジネスコンテスト」に応募しました。

本来、多忙な毎日が続いていたらこうしたチャンスに巡り合うことはなかったことでしょう。

「時間」を手に入れたことで、これからの起業に向けた準備を加速させます。

 


<大手企業のぬるま湯から脱出せよ>

私は、前職の大手企業から離職を考えたときに「安定した収入やステータスを捨てる」ジレンマがありました。

もし、そのまま大手企業で普通に働いていたら遅くとも30代で年収1,000万円に到達していたことでしょう。

大手企業にいればブランド力もあり、世間体も心配ないに違いありません。

 

これから先のことを考えると・・・

「大手企業のエリート”労働者”でいくのか?」

「起業して世の中を変える”インフルエンサー”でいくのか?」

私は、すでに答えは決まっていました。

昔からやりたかったことがありました。

私は、いつも自分の人生の終わりに何を思うかを考えています。

「やらない後悔より、やって後悔をした方がいい」

「そうだ、今こそ、大手企業からのぬるま湯から脱出しよう」

 

「挑戦」は機会と選択で決まる



<機会(環境)>

私は、偶然見つけた応募要項を見て「ビジネスコンテスト」に応募することを決めました。

また「時間」という活動エネルギーも手にいれました。

 

私は正直、休養中でしたので万全な体調ではなく、「今やるべきか」は悩みました。

しかし、この偶然を逃すと次の機会はあるかわかりません。

「今の環境や与えられた機会を活かすこと」を私は選択しました。

 


<選択>

「物事はやってみないとわからない」というのが私の考えにあります。

それが自分のキャパシティを超えていることかもしれません。

しかし、それ以上に好奇心とやりたい気持ちが上回りました。

「機会(環境)」が揃い、やると「選択」することによって新しい挑戦が生まれます。

 


<おまけ>

「人生」は選択の積み重ね。「選択」は自分自身で決めること。

自分の人生にとって何が大事なのか。

ありのままの自分で生きていこう。

party★party