参加チケット購入 お見合いパーティーならparty★party

■「起業家支援プログラム」に応募してみた

今後、創業からインフラの資金調達などを見据えると東京都のビジネスコンテストだけでは加速力が足りません。

そこで、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の起業家等を支援するためのプログラム「Technology Commercialization Program(TCP)」に応募してみました。



TCPプログラムとは



<プログラムの概要>

NEDO(国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)は、「エネルギー・地球環境問題の解決」や「産業技術力の強化」実現に向けた技術開発の推進をしている国立開発法人です。

TCPプログラムとは・・・

TCP
Technology Commercialization Programの略です。

技術を基に起業して事業を大きく拡大させたいと考えている起業家を支援するためのプログラムです。

具体的な支援内容については、以下の3点です。

●技術シーズの事業化に必要な知識を提供する研修の実施

●専門家によるビジネスプランの作成支援・メンタリング

●ビジネスに結び付けるための大企業・ベンチャーキャピタル等へのビジネスプラン発表、ネットワーキング、マッチング

 


<応募条件と対象技術>

応募条件は、公募開始時に起業していない個人もしくはチームです。

詳しくは、公式ホームページをご覧ください。

 

また、支援対象となる技術は「経済産業省所管の鉱工業技術」となっています。

鉱工業技術とは・・・

ロボティクス、AI、エレクトロニクス、IoT、クリーンテクノロジー、素材、医療機器、ライフサイエンス、バイオテクノロジー技術、航空宇宙等です。

参考:「鉱工業技術とは」(NEDO)

 


<スケジュール>

なお、スケジュールは下記の通りとなっています。

締め切りは、2019年9月5日でした。

一次審査結果通知 2019年10月上旬を予定
集合研修 2019年10月12日(土) (東京で開催)
2019年10月13日(日) (大阪で開催)
二次審査会(ピッチ) 2019年12月16日(月) (川崎で開催)
2019年12月17日(火) (大阪で開催)
二次審査結果通知 2019年12月19日(木)
最終審査会用申請書の提出期限 2019年12月26日(木) 12時00分
最終審査会 2020年2月7日(金) (東京で開催)

参考:「NEDO TCP 2019に係る募集について」(NEDO)

 

TCPプログラムに応募してみた



<応募した理由>

今回こちらの企業支援プログラムに応募した理由は、資金調達を優位に進めるためです。

例えば、こちらの起業支援プログラムで高評価(最優秀賞、優秀賞)を得た場合は、同機構が実施している「研究開発型ベンチャー支援事業」の一次審査免除となります。

 


<応募してみた感想>

この起業支援プログラムの応募書類をみたとき私が思ったこと。

これまで応募したことがあるスタートアップ系ビジコンと比べて、提出資料のレベルが高い。

そう感じた理由は、提出書類の内容が「事業計画書」そのものだったからです。

未だ事業計画書を作成しておらず準備段階でした。

締め切り3日前だったので無理に作成し提出。。手ごたえは・・・ないです。笑

 

ちなみに提出書類の項目は下記のとおりです。

●事業の概要

●解決すべき課題と市場ニーズ、技術シーズと詳細

●ターゲット顧客、類似技術の評価と事業優位性

●利益モデルと事業プロセス

●事業課題と解決方法

●資金計画、等

結果は、10月上旬の予定ですので気長に待ちたいと思います。

 


<おまけ>

このプログラムを知ったキッカケは、「株式会社チャレナジー」という私が注目しているベンチャー企業の採択実績を見たことです。

この企業は、台風の中でも風力発電できる技術を確立し急成長しています。

 

私が構想しているインフラ系ベンチャービジネスと同じ分野ということもあり、資金調達の方法を参考にしています。

また、現在挑戦している東京都ビジネスコンテスト出場もしており、いつか代表の方とお話したいと考えています。

party★party