参加チケット購入 お見合いパーティーならparty★party

■「地方と都内」で起業準備してみた結果

私は、会社に入社して最初に配属された地方と転勤で移住した都内で、それぞれ起業準備をしました。

そこでわかった課題点や良かった点をまとめました。



地方で起業準備をしてみた



<地方の起業準備経験>

私が大学卒業後に会社に入社して最初に配属された場所は「富山県」でした。

はじめに言いますが、富山県は食べ物が美味しく自然環境に富み好きな県です。

 

結論から言うと、やはり起業準備に必要な「人・モノ・お金・情報」については都内と比べると“雲泥の差”と言わざるを得ませんでした。(※個人的感想)

入社後にさっそく起業の前段階として創業仲間を集めるため「平成広徳塾」という県内の企業から若手社員が集まる研修会に参加しました。

 

平成広徳塾とは・・・

●富山県出身の国内外で活躍する事業経営者が登壇して経験、ノウハウ、ビジネスを語る研修会です。

●対象は、県内在住の30歳以下の男女。

●主催は北日本新聞(地方紙)、後援は富山県です。

出席者は全員スーツ姿。官公庁をはじめ県知事の特別講演など富山県らしく固かったです。笑

さらに、自分も含め大手企業からの推薦(半強制参加者もおり?)、出席する目的や意識の違いから結局、創業仲間や横のつながりを作ることができませんでした。

 


<自治体の支援>

起業支援には「とやま起業未来塾」という富山県がバックアップしている組織があります。

とやま起業未来塾とは・・・

●起業ビジネススクールです。

●対象は創業1年未満もしくは起業を考えている人です。

●書類審査、集団面接、個別面接など審査を経て受講することができます。

 

不安要素があるといえば・・・

●入塾するための審査基準、例年の申込人数、通過率が非公開となっています。

●講師・メンターの一覧をみると一般企業もしくは世襲企業の社長であり起業経験があるのか「?」ということ。

●同窓会である「学士会」を見る限り、受講者は主に40代・50代層で若者がほぼいない。

前述の若手研修会の期待外れ感もあり、こちらへは入塾しませんでした。

富山県は保守的組織が多くあるため、他県の起業支援事業を参考にして組織を変革したり、テレビ中継を使って合同でセミナーをしたり工夫していかなければ、起業家たちが次々と県外へ流出することになるでしょう。

 

都内で起業準備をしてみた



<都内の起業準備経験>

仕事の都合で富山から首都「東京」へ転勤しました。

起業環境はやはり抜群です。

例えば・・・

●有名な起業家の講演やイベントが毎日のようにあります。

●交通アクセスが抜群で旅費は、ほとんどかかりません。

●優れた弁理士、社労士、弁護士、税理士などの士業の事務所が数多くあります。

 


<自治体の支援>

また、東京都は起業支援にも力を入れています。

例えば・・・

●ビジネスコンテストで起業家の人財育成

●創業資金の支援

●起業家・専門家による様々な中長期・スポット的なセミナーが随時開かれる。

●事業計画などプランコンサルティング、労務、法規に関する専門家のバックアップ。

●ワンストップで法人登記、融資ができる支援施設。

●起業家向けのコワーキングスペース、インキュベーションオフィスの提供

法人設立や起業の相談については、東京開業ワンストップセンター1か所ですることができます。

■東京開業ワンストップセンターで法人設立「費用・書類」の確認

party★party