参加チケット購入 お見合いパーティーならparty★party

■社内ベンチャーを断念した「大手企業あるある」3つの理由

ものづくりメーカーとして起業して開発・製造となると多額の資金が必要となりますが、資金サポートを受け新規事業ができる制度が社内ベンチャーです。

一方、そうした機会がある中で、私が社内ベンチャー制度の利用を断念した「大手企業あるある」的な理由を3つまとめました。



忖度から始まり忖度で終わる



<忖度>

大手企業2社を経験して“忖度は当然にある自然なこと”であることがわかりました。

ちなみに忖度とは・・・

忖度とは
他人の心を推し量ること。

上司の顔色をうかがいながら、ゴマをすりながら仕事をしているわけです。

なんとう無駄な時間と心労なのでしょう。笑

 

例えば・・・

●プライドが高い技術者(職人気質者)に直接依頼しても動かないので上司経由で根回しして依頼すること。

●会議招集のアポイントは、ご機嫌とタイミングを見計らいながら幾度か日程調整して集めること。

忖度による時間がなければ業務が3割くらいスリムになったと思います。

こうした環境の中で社内ベンチャーをしたところで、事業経営スピードがきわめて遅く、忖度に慣れた体育会系企業ですので人それぞれのベクトルが異なり事業崩壊するのが見えています。

 

世襲企業・創業一族が権益を狙う



<世襲>

会長や創業者一族の権力は絶大で、まさに“鶴の一声”ほど勝るものはないです。

入社後の新入社員研修では、社長の経営本を渡されて感想文を書いたっけ。笑

能力が優れたリーダーであれば文句もないのですが。。(能力が優れているように見えない)

 

また創業一族は、会社の既得権益にしがみついていました。

例えば・・・

●創業一族のみが経営する不動産会社が自社建物を賃貸し収益を得ています。そのため自社工場にもかかわらず敷地エリアをわざと一部空けて賃貸料を節約しています。

●会長さんの娘さんが歌手デビューするから休日にサクラで応援に行かされる社員たち。

傍からみていて、社員のモチベーションが下がる以外ないです。

メリットが全くありません。

 

社内ベンチャーでは、熱意のある人財や将来性に共感した人財を確保したいと考えていました。

世襲や創業一族の方が、自身の保身と既得権益だけのために事業介入されると正直困りますね。

 

制度の応募を推奨しない社風と多忙さ



<社畜>

社風は保守的ということもありますが、多忙さをきわめるために基本的に部署内から人を出しません。

また、長時間の時間的拘束は頭の回転を鈍らせて、ひらめきの機会を失うことになります。

 

例えば・・・

●新事業を行う部署で働いていますが、各部署からは問題のある社員が集まっています。結果、マネジメントが崩壊しています。

●長時間労働かつマネジメントが崩壊しているために優秀な人財が次々と転職・流出しています。

部署内から優秀な人財を他部署へ出すことはしません。

社内ベンチャーでは、手に負えなかったお荷物社員が集まる羽目になる可能性がきわめて高い状況でした。

 

大手企業あるある【まとめ】



<大手企業の3S(スリーエス)>

私は、大手企業あるあるを「3S(スリーエス)」と勝手に呼んでいます。

それは・・・

大手あるある3S
●忖度(sontaku)

●世襲(sesyu)

●社畜(syatiku)

私がもし会社をつくるならば、まずこの3Sをぶち壊そうと計画しています。笑

社員のポテンシャルを潰す制度は必要ありません。

 

今後、私が社内ベンチャーを実施できなかった経験を活かして、新しい社内ベンチャー制度や人財マネジメントの構築をしようと考えています。


<おまけ>

最近、大手家電メーカーであるシャープの元社員達自身で起業しました。

なんと、社員13名のうち元シャープ社員は11名。

 

もう大手企業から新しい価値を生み出す風土がなくなってきているのかもしれませんね。

参考:「ベンチャーで新商品発表 元シャープ社員の逆襲!? 」(テレビ東京WBS、2019.8.30)

party★party