参加チケット購入 お見合いパーティーならparty★party

■「弱みにフォーカスすると人生の時間がムダになる」

最近、読んだ勝間和代氏のコラムについて備忘録として残します。

適用障害などで悩んでいる方のヒントになるかもしれません。




弱みにフォーカスすると人生の時間がムダになる



<勝間和代氏>

勝間和代氏は、マッキンゼー、JPモルガンなどの経歴をもつキャリアウーマンです。

勝間氏は、とあるコラムで弱みにフォーカスすると人生の時間がムダになる」と語っていました。

この言葉が私の心にささりました。

参考:「優秀な人は、努力などしない(勝間和代)」(新R25)

 


<弱みに対する思考メソッド>

「弱みにフォーカスすると人生の時間がムダになる」の意味は何でしょうか。

勝間氏は具体的事例を挙げています。

「社会人になって、自分の”弱み”に対して努力しても変わらない」

できる営業マンは、必ずキャリアのはじめから売れている。

下積み4、5年かけてようやく売れるような人はあまりいない。

 

勝間氏は続けて語っています。

「弱みの反対側に必ず強みがある」

自分が仕事に合わせるのではなくて、自分に合った仕事を探しに動くことがいい。

勝間氏は、仕事で最初に配属された部署で全く仕事ができなかったそうですが、コンサル業務に部署転換後に彼女の潜在能力が大きく発揮されたそうです。

不得意なことに努力して時間をかけるよりも、得意分野を伸ばすことに力を入れることで自分の強みとして仕事ができるようになるのかもしれません。

 


<経験談>

私は、新しいものを考えたり創作することは得意ですがルーチンワークが苦手です。

いかに事務作業を早くするかと考えた挙句、事務作業の分析やマクロを組むことに時間をかけてしまい余計に時間がかかっていました。

悩んでいたある日、「スタッフ制度」が導入されて事務的作業を専任スタッフに任せることができるようになりました。

その結果、創作にかける時間が増えて作業効率が格段に向上したのです。

 

得意・不得意から仕事を選べる会社



<ユニークな人事制度>

世の中には、会社内で「好きな仕事」「嫌いな仕事」を選択して働くことができる会社があるそうです。

「パプアニューギニア海産」という冷凍エビ輸入会社は、従業員が、正社員2名、パート16名という中小企業です。

その会社には、ユニークな人事制度が2つあります。

 


<好きな仕事を選んで働くことができる制度の導入>

得意・不得意を分けることで人財のポテンシャルを発揮する理にかなっている人事制度かもしれません。

一方で好きな仕事・嫌いな仕事が一極集中すれば会社組織として成り立ちません。

そのようなノウハウをもっと知りたくなりました。

参考:「出社は好きな日だけ、エビ工場にパート殺到」(日経)

 


<出退勤自由のフリースケジュール制度の導入>

この制度を導入後は、スタッフの離職率が減り、人財確保につながったそうです。

中小企業やベンチャー企業は、何かとヒントになるかもしれません。

1つ目の制度と同様に会社組織として成り立っているのがすごいです。

参考:「ひとり親にも優しく、出勤日・時間がフリー」(日経ビジネス)

 

Googleの「20%ルール」プログラム



<世界的企業の人財マネジメントプログラム>

世界的IT企業のGoogleは働く満足度が高い企業として有名です。

例えば、社員食堂では1日3食、無料で食べられますし魅力的な福利厚生があります。

社風環境は以下の考えがあります。

●失敗は成功プロセスのひとつ

●強制的な残業環境は推奨しない

 

一方、仕事のルールのひとつとして「20%ルール」という社員自立プログラムを導入していることも会社の魅力度を上げる要因になっているようです。

「20%ルール」とは・・・

職種にかかわらず、社員が個人的にやってみたいことを仕事中にすることができる仕組みです。

 

例えば、営業職の社員が「仕事時間の20%」を別の興味ある広報の仕事をしてもよいそうです。

社員が自発的に仕事ができる環境や社員自身の強みを知る機会があるというのは素晴らしいです。

参考:「グーグル社員の「働く満足度」は、なぜこれほど高いのか?」(リクナビNEXTジャーナル)

party★party