参加チケット購入 お見合いパーティーならparty★party

■「人(人脈)に期待しない、面白いものは一緒に創る」

ビジネス人にとって、人脈とは何か、そして人脈を拡げる方法についてまとめました。




人脈は依存せず、活用する



<人脈に頼らない>

これまでの経験では、コネクションにより就活や会社で有利になることがありました。

■高校生・新入学生向け「コネクションの価値」3つのメリット

 

一方、ビジネス界の著名人たちは人脈にフォーカスしたビジネスの繋がりを否定しています。

例えば・・・

●堀江貴文氏:「人に期待していないから、裏切られても気にしない」

●箕輪厚介氏:「人間関係をつくろうと思うものではなく、自分が目的を持っているときに出会って、いい意味で利用し合うことが大前提」

 


<会いたい人・会いたくない人>

多くの人と関わるビジネスの著名人にとって、人とつながる理由や意味を考えて、人を選ぶ傾向にあるようです。

例えば・・・

●堀江氏:繋がりたい人は「頭のいい人」

●箕輪氏:「目的がはっきりしないまま紹介したい人がいると言われたら断る」

 

また、堀江氏は「人とのつながりは絶えず変化する」ということも話しています。

その理由は「生きてる世界が変われば話が合わなくなるから」

私も上記の意見に共感します。

例えば、地方で新卒から働いている保守的な人間と、都内で新たなビジネスを色々とやっている人間との価値観は大きく違います。

昔の自分なら合ったであろう話も今の自分は全く合わなく感じています。

参考:「人と会えば、面白い情報が手に入るなんて幻想だ」(新R25)

 

人脈を拡げる条件



<人脈構築に必要なもの>

ビジネスの著名人と人脈を構築するために必要なものは何でしょうか。

例えば・・・

●堀江氏は「有名になること」そして「面白い話っていうのは一方的に与えられるんじゃなくて、一緒に創りだすもの」

●箕輪氏は「実力をつけるために圧倒的に思考すること、とにかく行動することが大切」そして「普段の仕事で上司の名前を出さないこと」

つまり、ビジネスとして対等の立場(実力)で、一緒に議論できて、お互いに何か有益なものを生みだすことができることです。

上のステージに向かって進む。そして実力をつける。それだけです。

party★party