参加チケット購入 お見合いパーティーならparty★party

■「TSGビジネススクール」の開講講座を受講してみた

東京都のビジネスコンテストと同時並行でTSGビジネススクールが開講しました。

基本的に無料でカリキュラムも自由に組めるので試しに参加してみました。



TSGビジネススクールとは



<ビジネススクールの概要>

私自身、創業・起業を目指すビジネススクールに参加しました。

このビジネススクールは、東京都が後援しており無料です。

本ビジネススクールの目的は何でしょうか。

世界を驚かせるアイデアをカタチにしたい、身の周りで起きていることをポジティブに変えていきたいと、事業や活動の立ち上げ、プロジェクトの準備を始めたい方に向けた実践型スクールです。

特徴は、様々なカテゴリー講座を誰でも自由に無料で受講できることです。

 

今回の特別講座のプログラム内容は以下の通りです。

●イントロダクション、アイスブレイク

●アレックス氏のトークセッション

●QAセッション

●リフレクションセッション

●クロージング

プログラムは、10時30分~13字30分となっています。

 

アレックス・バナヤン氏のトークセッション



<プロフィール>

アレックス氏は、どのような経歴をお持ちなのでしょうか。

●1992年生まれ、19歳でシリコンバレーの投資家になった大学生。

●世界最年少のベンチャーキャピタリストとなる。

外見は35歳くらいかと思っていましたが、生年月日を見ると同じ年代で驚きました。笑

 


<プロローグ>

同じような境遇で感情移入に近い気持ちになりました。

例えば・・・

移民の子として生まれたアレックス氏は、親から医者になるように言われながら教育を受ける。

また、起業家は家族から失敗と思われたという。

私も、過去に親から大学行くなら国立のみ、公務員か大手企業を選べと言われてきた保守的な家庭に育ってきました。。

以前、親に「将来、大手企業を辞めて起業する」と言ったら呆れられましたね。

 

またアレックス氏は、TVショーに出演して優勝しボートを獲得。それを売って投資家となる

私も、今のビジネスコンテストで優勝して起業し新しいビジネスを始める。。予定。笑

 


<印象に残った言葉>

講演では3つの言葉が印象に残りました。

●大きな恐怖感・不安がある。恐怖感に向かいあい認めることで勇気を得ることができる。

●粘り強さを持つことが大事だ。

●精神的に苦しいときもある、それもプロセスのひとつだ。

それぞれの言葉は、アレックス氏の体験エピソードから得たものです。

 

私自身、プロローグエピソードで述べたように保守的な家庭に生まれたため、

最近では、「起業の準備を色々としているけれど周りの人と違うことをしていて、このままでいいのか」と不安や恐怖感がありました。

今回の講演を聞いて、その不安や恐怖感を乗り越える勇気をもらえた気がしました。

 


2019年8月23日「サードドア」を出版。↓

起業ノウハウ本というよりビジネスのマインドセット(経験等から形成される考え)をまとめた本になっているそうです。

party★party