参加チケット購入 お見合いパーティーならparty★party

■試験前「サポートカルピス」飲んで集中力UP【機能性表示食品で初】

テレビ東京のカンブリア宮殿やWBSで紹介されて注目を集めている「カルピス」。

今秋には、注意力維持と計算作業の効率維持という機能性表示がついた「サポートカルピス」が発売されます。



カルピス100周年で売上過去最高を記録



<カルピスの歴史>

創業者の三島雲海氏が1908年にモンゴルで飲んだ乳酸をきっかけに1919年に日本初の乳酸菌飲料「カルピス」を発売します。

そして発売から100年、カルピスの売上が過去最高となりました。

背景には、カルピスの様々なブランド戦略が功を奏したことが挙げられます。

 

そのひとつが、健康飲料として多種多様なカルピスの発売です。

●2016年:「濃いめのカルピス」発売
⇒原液カルピスを薄めて飲んでいた中高年世代をターゲットに発売

●2017年:「カラダカルピス」発売
⇒「体脂肪を減らす」機能性表示食品として健康が気になる方向けに発売

●2019年10月15日:「サポートカルピス」発売予定

 


<誰もが知っているカルピス>

カルピスを知らない人はいないと思います。

それくらい日本中にカルピスという名前が浸透しています。

 

発売当時の広告はどのようなものだったのでしょうか。

カルピス発売から3年後、新聞にあるキャッチコピーの広告を載せます。

「カルピスの一杯に初恋の味がある」

カルピスの甘酸っぱい味を表現したキャッチコピーとともにカルピスは大ヒットします。

もしかすると、カルピスのCMで青春の甘酸っぱい恋がテーマなのは、このキャッチコピーが原点なのかもしれませんね。

 

試験の集中力がアップする「サポートカルピス」今秋発売


画像:アサヒ飲料

<「はたらくアタマに」シリーズとは>

2019年10月15日に「はたらくアタマに」シリーズとして「サポートカルピス」という新しいカルピスが新発売されます。

 

このシリーズには「ラクトノナデカペプチド」という成分が配合されています。

ラクトノナデカペプチドの効果は何でしょうか。

ラクトノナデカペプチドの効果
ラクトノナデカペプチド(NIPPLTQTPVVVPPFLQPE)には、年齢とともに低下する認知機能の一つである注意力(事務作業の速度と正確さ)の維持と計算作業の効率維持に役立つことが報告されています。

注意力の維持と計算作業の効率維持は、機能性表示食品の中で“初”となるそうです。

 

一方、検証・実験したエビデンスの中には、転職や就活の採用試験でたびたび登場する内田クレペリン検査での検証、効果が報告されています。

一般教養試験前にラクトナノデカペプチドを摂取するといいかもしれませんね!

 

「はたらくアタマに」シリーズにカルピスを含めた5種類のアサヒ飲料が新発売されます。

●サポートカルピス

●ラクトノナデカペプチドドリンク

●ワンダ アシスト

●抹茶ラテ

●Welch’s(ウェルチ)

参考:「機能性表示食品で初 はたらくアタマにシリーズ新発売」(アサヒ飲料)

 


<おまけ>

幻のバターと言われている「カルピスバター」

カルピスバターはカルピス製造過程で出る副産物。

バター450gで原液カルピス40本分だそうです。

実は、Amazonや楽天で購入できます。

party★party